週話§土曜日乗~寿司久々に~

午後から珍しく来客がある。夜は迷うことなく近くのおいしい寿司屋
に席を予約した。別に水曜日の寿司会談に影響されたわけではなく、
それ以前に決まっていたことなのだ。

我が家への来客は多くない。というか年に数人という数である。その
大きな理由は、やはり我が家の立地ということに尽きる。わざわざ遠
路お運びをいただくほどの付加価値があるかどうかである。

取り柄といえば豊かな緑が眼に優しいとかあるけれど、結局のところ
一番の取り柄は、我が家近くの寿司屋ということになってしまう。

ちなみに政治家達が使った件の寿司屋は御一人様20貫3万円と聞く。
しかも20貫を30分で食わないと“名人”らしい店主の翁が怒るのだそ
うだ。それはもはや食事の享楽と呼べるようなものではないだろう。

我が家贔屓の寿司屋は、もちろんそんな店などではなく、席に座って
2時間近くをゆっくり過ごすことができ、しかもお勘定は2人で楽し
んでも、御一人様代金にははるかに届かずに済んでくれるのである。

《寿司のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック