ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 気話§牡丹華〜七十二候〜穀雨

<<   作成日時 : 2014/04/30 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

穀雨の末候“牡丹華(ぼたんはなさく)”である。

春が、舞台中央の座を夏に譲ろうとしている。梅や沈丁花、桜に始ま
った春の彩りは、時期が重なるようにして訪れ来たれる新緑の海へと
埋もれていくのだ。

来週の月曜日は立夏。この連休の間に半袖への入れ換えが完了すれば
いいなあと思う。その後は多少気温が低くても、上着で調節してやれ
ばいいのだし。

マメにアイロンを掛けてくれる同居人だが、この時期と秋から冬への
時期が一番忙しかったりする。冬の間はウールのセーターがメインで
アイロン掛けが必要なシャツ類を着ることは多くない。この時期は、
長袖の綿シャツが活躍するので、まめにアイロン掛けをする必要があ
るのだ。

そして半袖シャツやTシャツの季節には、ほんの少しアイロン掛けが
少なめにはなるが、それでもしないわけにはいかずで、暑くなる中を
本当にありがたいことである。

《七十二候のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
気話§牡丹華〜七十二候〜穀雨 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる