告話§ビッグイシュー238号発売中!

ビッグイシュー238号は5月1日から発売されています。お買い求
めできる場所はこちらを参照。毎月1日、15日発売。一部350円。
180円が販売者の収入になります。

※消費税8%改定に伴い、4月1日発売より定価が変わりました。

画像

【内容の一部】

表紙&スペシャルインタビュー リヴァー・フェニックス

スペシャル企画 リヴァー・フェニックス 最後の日々

リレーインタビュー 神田京子(講談師)

特集 小さいおうち ― スモールハウス・ムーブメント

日本で一戸建てを建てると、生涯賃金の3分の1が必要。あらゆるモノが小型化しているのに、「家」だけがダウンサイジングへの波に乗り遅れている――と語る高村友也さんは、27歳で雑木林の中に3坪の家をセルフビルドして、脱所有の生活を楽しむ。 「スモールハウス・ムーブメント」は、1999年、米国のジェイ・シェファーさんが10m²の「スモールハウス」を建築して、ある雑誌の年間大賞を受賞したことがきっかけ。リーマン・ショック以降、急速に広がった。 そこで、高村さんと、米国の女性ディー・ウィリアムズさんに、それぞれの「スモールハウス」についてインタビュー。 また、住まいの選択肢を増やそうと提案する「YADOKARI」のさわだいっせいさんとウエスギセイタさん、さらに兵庫県で目下スモールハウスを建築中のみなさんに取材。 「住」をダウンサイジングすれば、暮らし方、生き方はじめ、あらゆることが変わる!? 未来的「居住」を提案する人たちを訪ねた。

ストリート・エコノミックス 「新」が怪しい話 浜矩子

ともに生きよう!東日本 被災地から[70]
 女性や子どもの声を生かす。
 災害支援市民活動の国際的組織が福島でヒアリング

8万人がEU入国を目指し、北アフリカで待機中

スペイン領・セウタ沖の沿岸、移民16人が溺死

ノーンギシュの日々 「希少」。守るもの? 手に入れるもの?
                          滝田明日香

原発ウォッチ! 全国初、行政による原発裁判 伴英幸

世界の当事者になる ハラスメント化する労働 雨宮処凛

自閉症の僕が「生きていく風景」対話編[27] 東田直樹

毎日が音楽 新たな魅力開花、コラボという魔法 浅井博章

テレビうらおもて フィナーレに見せたタモリの人間的な深さ
                            伊藤悟

ひぐらし本暮らし 『父・手塚治虫の素顔』 手塚眞

COOKING 豚肉の梅しそ巻き焼き 枝元なほみ
                           [その他]

ビッグイシュー基金

《ビッグイシューのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック