週話§黄金週間徒然草~2014.05.01~

今日も6時過ぎの起床で外気温は16.1度。予報は、昼過ぎから晴れて
夏日まで気温が上がるというものだったが、時折にわか雨も降るぞと
予報が言っているものだから遠出はできず、近くで買い物したのみ。

5月1日につきシューマンの『詩人の恋』を聴く。深い意味はなく、
1曲目が『美しい5月に』と題されている単にそれだけの理由で……

Im wunderschönen Monat Mai

……あるのだけれど、冒頭の“かくも美しき五月に”を聴きながら、
この時季ならではの窓の外に視線を走らせるのだった。最初に聴いた
のはフィッシャー=ディスカウがブレンデルの伴奏で歌った録音だっ
たが、いささか説教臭く聴こえてしまい、数曲聴いたところでボスト
リッジにチェンジ。シューベルトの『水車屋』とか『詩人の恋』は、
青臭いテナーの歌声が似合っているように思っている。

画像

というわけで、やや天候が安定しなかった連休はじめの3日間は家と
その周囲に縛られてしまったが、金曜の午後は、あれやこれやと外の
用事が重なっているので、鋭意動き回ることになっているのだ。

《日常のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック