獣話§ツキノワグマ市役所訪問顛末之記

我が実家のあった北関東の小都市の街中にツキノワグマが出現した。
あろうことか、市役所の敷地内をうろついていたところを発見され、
その後地元猟友会メンバーによって射殺となってしまった……合掌。

8年前の9月だったと記憶しているが、我が出身中学の正門すぐ横に
ある洋菓子店に、イノシシが乱入し暴れまわったこともあったのだ。

先月起きた山火事の時に書いたことだが、市域の7割が山林という環
境にあっては、熊だろうが猪だろうが、いくらでも棲息しているにき
まっている。

それにしてもと思うことに、クマがどこの山から下りてきたかという
ことは想像できるのだが、そこからどういう経路を通って市役所まで
たどり着いたのかなのだ。

その間、幹線道路もあれば、私鉄とJRの線路も走っているし、人家
も商店も学校もと、かなり隙間なく建っているようなエリアをたどっ
ていく必要がある。

クマは夜行性動物であるから、あるいは夜の間に山を下りて、うまい
こと街中まで入ることができたのだと思うが、ここまで来られてしま
うと人間としても対処しなくてはならず、ツキノワグマにはかわいそ
うな結果になってしまった。

《日常のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック