嶽話§2016年から8月11日は「山の日」

2年後に、8月11日が山の日なる祝日と決まったんだそうだ。

7月第三週の海の日と釣り合いをとったのいうことは見え見えなうえ
に、学校は夏休み、少なからぬ企業もお盆休暇に入ってしまっていて
存在感希薄な“トマソン”的祝日になってしまうのは必定であろう。
制定した側も、そういうつもりで作ったのだということらしい。

ネット巷では“谷の日や川の日、湖の日も作らなければ不公平ではな
いか!”という、至極もっともな(違)意見が飛び交っていたが、まあ
ネタ的な祝日という、制定された時点からそのことが運命づけられた
山の日なのである。

おまけに、我が身にしてみれば実施の前年に定年で退職しているわけ
で、再就職をしているのであればまだしも、毎日が日曜日の身になっ
ていたら、まさに文字の上だけの体裁祝日というスカスカ感が漂って
いるのだ。

祝日の空白月だった8月に山の日という祝日が生まれることで、残る
空白月は6月のみとなったが、無理矢理にこじつけてでも空白月をな
くそうなどと考えたりするのだろうか……時の記念日、父の日、夏至
あたりが候補になるだろうか。父の日は、母の日も祝日にしなくては
不公平だという声が上がるだろうからハードルは高そうである。

《日本のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック