諧話§一日一句~夏の贈物~2014.06.27

季語は・・・桜桃

桜桃の 真っ赤に揃う 屋台かな

この時期、田舎道を走っていて、小さな集落を通るごとに、いちごや
さくらんぼを小箱に詰めて売っている屋台を見かける。

緯度が高いから、そういった類の果物はないだろうと思うと大間違い
で、どこが産地なのかはわからないけれど、ヨーロッパ域内で流通し
ているようなのだ。

日本のハウスで栽培されている洗練されたいちごとは違い、野性味が
強くて酸味も勝っている。

ドイツ料理とかオーストリア料理については、いささか敬遠したくな
るところもあるが、果実類の味の濃さなるものに関しては、根源的な
ところがあって、日本の果実の洗練とは甲乙つけがたいものがある。

【去年の今日】祝話§柿葺落六月大歌舞伎第三部[中]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック