告話§ビッグイシュー242号発売中!

ビッグイシュー242号は7月1日から発売されています。お買い求
めできる場所はこちらを参照。毎月1日、15日発売。一部350円。
180円が販売者の収入になります。カエルのカーミットが表紙!

画像

【内容の一部】

表紙&スペシャルインタビュー カエルのカーミット

リレーインタビュー 清水きよし(パントマイミスト)

特集 おいしい水 ― 水道を考えた

3・11の後、電気に対する意識は大きく変わったけれど、水「飲み水」についてはどうだろうか。今、もう一つのライフラインの水道は老朽化、水道管や浄水場などの施設で更新が必要になっている。しかも、水道事業をめぐる負債はおよそ11兆円。この施設更新や財政難を政府や地方自治体は「民営化」によって乗りきろうとしている。

ところが、世界ではむしろ、民営化した水道を「再公営化」する動きが湧き起こっている。 そこで「水道の歴史と生物浄化法」について中本信忠さん、保屋野初子さん(NPO法人「地域水道支援センター」)に、また「現代につづく古式水道の知恵」について神吉和夫さん(元・神戸大学工学部助教)に聞いた。さらに、「世界で起こる水道の民営化と再公営化」について、佐久間智子さん(アジア太平洋資料センター理事)にインタビュー。 市民がつくる地域水道「再公営化」の未来を考えた。


ノーンギシュの日々 私の仕事は、ゾウが殺されたところから
                          滝田明日香

ストリート・エコノミックス 不謹慎な大破綻財政下の企業減税 浜矩子

ベネズエラ、世界最高層のスラム「ダビデの塔」

世界の当事者になる 究極のコミュニケーション 雨宮処凛

ともに生きよう!東日本 被災地から[74]
    『原発20キロ圏内に生きる男』映画と語りを続ける松村さん

原発ウォッチ!
  東電の1億円の寄付受けた田中知氏、原子力規制委員に 伴英幸

自閉症の僕が「生きていく風景」対話編[31] 東田直樹

毎日が音楽 入門編におすすめ、それぞれのベスト盤 浅井博章

テレビうらおもて 技術におぼれるテレビ 伊藤悟

ひぐらし本暮らし 『春楡の木陰で』 多田富雄

COOKING しょうが焼きそば 枝元なほみ
                           [その他]

ビッグイシュー基金

《ビッグイシューのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック