街話§神保巷塵[1]手前味噌神保町大絶賛

[承前]

早いところ“J街通信”後継のタイトルを決めなくてはとグズグズし
ていたが、そんなことは些細であると考え、エイヤ!っと適当な看板
に掛け替えてしまった……巷塵とは読んで字の如くなので、いちいち
説明はしない。ということで新装連載である。

それにしても、神保町と実に狭い範囲の周辺あたりで、30数年という
月日を過ごしたというのは、自分にとっては過分なる時間を過ごさせ
てもらったと、感謝の言葉を書き連ねたいくらいなのだ。

前にも書いたことだが、日本の中枢と呼ばれる永田町、霞ヶ関、日比
谷、大手町、丸の内から至近の立地でありながら、どちらかといえば
カジュアルで下世話、オフィス街ではなくて、むしろ商店街と言った
ほうが似つかわしい……自分には整然としたオフィス街よりも神保町
のような街のほうが、よほど性に合っているような気がする。

もっとも、永田町や大手町のほうから“こちらに来てください”など
と言われたことなど一度もなかったのは、あちらはあちらで見る眼が
あったということだろう。

神保町暮らしも残すところ一年余となった。今まで通い詰めていた店
に加えて、これまで入ろうと思って入る機会のなかった店にも足を伸
ばして暖簾をくぐってみようと思っている。
                            [続く]

《神保町のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック