悼話§ダニエル・キイスさん(作家)

精神遅滞の心優しき青年が、脳手術を受けたことで天才へと変貌した
ものの再び元の精神遅滞に戻っていく様子を描いた『アルジャーノン
に花束を』
という小説はダニエル・キイスの筆になるものである。

画像

普段は“感動しにくい”性格なのだが、この小説は、読み進めながら
自分の内から涙が湧き上がってくるのを抑えることができなかった。

時に、そういう本と出合うことがあるのだ。

合掌

《追悼のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック