気話§土潤溽暑~七十二候~大暑

大暑の次候“土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)”である。

田舎道を遠く長く感じるのは、歩く先にある目的地への距離や時間が
どれほどのものか見当がついていないことに由来すると思うのだが、
とりわけ夏の日にそのことを強烈に感じるようだ。

そんな真夏の田舎道の噎せかえる草いきれの匂いが、子供の頃の夏の
記憶の大部分を占めているような気がしてならない。そんな自然環境
豊富なところで育ったということである。

かくして、猛暑日がしばらくの間続きそうな空模様だが、その代わり
毎日毎日きちんと夕立でつじつまを合わせてほしいのであるぞ。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック