気話§大雨時行~七十二候~大暑

大暑の末候“大雨時行(たいうときどきにふる)”である。

ゲリラ豪雨は気まぐれである。暑くて暑くて一雨ほしいぞと切望する
時に、自分がいる真上に雨雲は来てくれない。遠雷は聞えても、雨が
降って地面を潤い、気温を数度下げてくれるなど別世界の話なのだ。

梅雨が明けてから何日間だったか、大気の状態が不安定続きのおかげ
もあって、各地でゲリラ豪雨とか夕立が降ってくれた。我が家に一番
近い府中のアメダスを眺めていると、一時間に数ミリ程度の雨でも、
気温が5度近く一気に下がるのを目の当たりにすることがある。

30度を越えていたのが30分足らずで25度近くまで下がるのは、さぞや
気持ちがいいことだろうとうらやましく思った。

なので、毎日とは言わないけれど、せめて一日おきに30分ほどの夕立
が降ってほしいのだ。そこのところ、ひとつよろしく!

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック