齢話§四十六歳差でございました・・・

先週初めのことである。中学2年になる知人のお嬢さんと、その友達
二人による仕事場訪問を受けた。就活をしている後輩大学生の訪問は
あったが、これまでの最年少記録である。

夏休みの宿題で、自分が興味を持っている職業のことを調べるという
おおよそそんなことで、一時間ほど付き合ってやってくれというもの
だった。

暑さ盛りの午後、緊張の面持ちで現れた二人の質問に答えながら気が
ついたことは……46歳ということである。

23歳で子供を作り、その子供が23歳で子供を作れば、あーら不思議、
孫が生まれるではありませんか。孫ですよ、孫。

それで気になったあまり、自分の46歳年長はどんな人がいるのだろう
かと調べてみた。46歳上ということは1908年(明治41年)生まれなので
ある。明治ですか、明治。

で、クラシック好きとして、まず目についたのが指揮者ヘルベルト・
フォン・カラヤンでありました。さらに朝比奈隆も同い年。それから
俳優の沢村貞子、長谷川一夫……ケネディ暗殺を受けて大統領に就任
したリンドン・ジョンソンといった面々が、46歳年長なのである。

中学生の頃に彼らを見て“立派なおじさん、おばさん”以上に年嵩で
あると感じたが、つまり今の彼女達が同様の感じで眺めているのだ。
要するに歳を取ったいう事実を認識した。とまあ、そういうことだ。

《日常のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック