街話§神保巷塵[7]B級グルメ・エリア

[承前]

そんなおかげで財布に優しい神保町の食を、昼に夜にと享受し続けて
三十有余年。自分の中で、正しいグルメは影をひそめ、すっかりB級
の味が沁み込みまくってしまったようである。

おおよそ食べるランチは、B級レベル100%と言っても過言ではなく。
第一、数百円つまりは1000円でお釣りがきて胃袋的にも満足できるよ
うな店が有象無象に展開しているのだから、わざわざ1500円ですとか
2000円でございます……などという店の暖簾をくぐることなど、年に
一度でもあるかどうか。

数百円の昼食を、月20日間の勤務日数分食べるとして、一か月の食費
は1万2千円であるが、仮に毎日1500円のランチを食べでもしたら、
総額3万円になってしまうではありませんか。いえ、決してお金をケ
チっているわけではなくて、その数百円のレベルでも十分に夕食まで
の数時間を満たしてくれるから、神保町エリアは侮れないのである。

世間はもう長いことデフレ状態にあって、それを転換しようと躍起に
なっている最中だが、こと神保町に関してはデフレなどというはるか
以前から、我々の財布の中にかんして気を遣ってくれていたのだ。
                            [続く]

《神保町のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック