週話§土曜日乗~国立劇場小劇場文楽~

今日は新作文楽を観に行ってくる。シェークスピア作『ウィンザーの
陽気な女房達』を元にした『不破留寿之太夫(ふぁるすのたいふ)』
は、要するに『ファルスタッフ』である。

3週間前には松本で、ヴェルディが作曲した『ファルスタッフ』を観
てきたばかり。偶然とはいえ、シェイクスピア原作を元に異種格闘技
を観るようなものではないだろうか。

伝統芸能を博物館化させたくなかったら、失敗を恐れずに新作を発表
し続けていかなくてはならないのだと、どこかで目にしたような気が
しているが、まさにそのとおりで、今回の試みも、成功か失敗かに関
係なく“その先々!”へと繋げていく布石になってほしいのである。

《文楽のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック