土話§外国地名の表記と発音と・・・

もう30年ほども前、まだまだ海外旅行が頻繁にではなかった頃、ドイ
ツやオーストリアでも英語で現地の人とコミュニケーションをしてい
た。今でもドイツ語が話せるわけではない。

すると、会話の中で“ミューニック”という言葉が何度も出てきた。
最初は適当というか、いい加減な反応をしていたが、ずいぶん経った
ところで文脈から“ミュンヘン”のことではないかと薄っすら理解し
た気になり、その後に辞書で確認すると、はたしてその通りだった。

それで彼らは、英語の時は英語読みの地名を使うのが常態だというこ
とがわかったのだ。ところが、どちらかといえば現地の言葉で地名を
覚えているので、英語の地名をすぐには理解できないという不便さを
抱えてしまったのである。

というわけで、英語で喋っていても、地名などはヴィエンナではなく
ウィーンを、ミューニックではなくミュンヘンを使い続けているが、
それでもわかってもらえているようなので、それでいいのだろう。

当然ながらイタリアの地名も現地読みしているから、ヴェニスではな
くヴェネツィアだし、フローレンスではなくフィレンツェのほうが、
我々にとっては馴染みがあるのだ。

そうして外国語地名のあれこれに少しばかり慣れてきた頃、イタリア
語ではミュンヘンを“モナコ”と呼ぶのだと知って、一瞬だが頭がク
ラっとしたことを思い出した。

《海外旅行のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック