軌話§京王線あれこれ[32]階段の死角に

[承前]

階段を上がりながら写真右側の表示が無駄ではと思ってしまうのだ。

画像

上がる時は見えるけれど、階段を下りてくる人達には、どちら側なの
かという表示が見えるわけではなく、さてもこれは無用の長物ではな
いかと思いながら、日々そこを上がってホームに向かうのである。

階段を下りる人が見るのだったら、足を置くステップの上ではないか
と思うのだけれども……どうなんだろう。

それで、同じものがあちこちに貼られていることに気がついて、気分
としては何がなし複雑なものがあったりする。
                            [続く]

《京王線のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック