辛話§鍋恋し~シーズン来たりて~

昨日の朝起きて表を眺めたら、富士山が初冠雪していた。台風19号が
通過した翌火曜日の富士山は黒々としていたのだけれど。水曜日、下
界の雨は“山の雪”なのだった。

朝方の外気温は12度ちょっと。昼頃になっても、20度くらいまでしか
上がらず。ここにきて冬が、その鎧をチラリと見せたという感じか。

……そうなると頭の中は“鍋”の字が駆け巡り始めるというのが世の
倣いである。そんな御託を並べずとも、10月最初の土曜日にはキムチ
チゲで今年の鍋シーズンの幕を開けているのだ。

毎度のことながら我が家のキムチチゲはシンプルである。基本となる
タレは市販を使うという前提で。豚バラ、豆腐、長葱、ニラ、白菜、
を適当にぶち込み、行き掛けの駄賃とばかり別途白菜キムチを放り込
むのである。そうすることで、鍋全体にコクが出てくれるのですよ。

出来上がったところで器に取り分けます。そのタイミングでグラスに
冷えたビールが注がれてなくてはいけませんね……グビグビ。

鍋以外にサイドディッシュも2皿は用意しているが、食べる比率は鍋
に片寄りがちになってしまう。2缶ほどビールを呑んで、ひとしきり
満足した締めは、チゲの中に卵を落とし、半熟になった頃合いでご飯
の上にかけて、これまたハフハフと食べるのである。

これでもって、白菜四分の一把、豚バラ200g、豆腐2丁ほどが夫婦の
胃の腑に収まるという至福。

【去年の今日】幻話§一年前のブログが未読のままで

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック