若話§十月大歌舞伎夜の部~勘九郎!~

十月大歌舞伎は、十七世勘三郎二十七回忌、十八世勘三郎三回忌追善
ということで、故人ゆかりの演目が昼夜と並んだ。観たかった演目は
夜の部に集中していたので、今月の歌舞伎座通いは一回だけである。

画像

『菅原伝授手習鑑』の“寺子屋”は、思い詰めて押し殺した勘九郎の
舞台がすべてを支配していた。幕が開き、寺子の賑やかしがあって、
揚幕から源蔵が出てきて七三に向かう間の緊張感は、尋常ならざるも
のがあって、勘九郎の気合や思うべしと思わせるものがあった。

家に入り、戸浪とのやり取りはいささか重く、時代がかった思い入れ
の強いところがもたれそうになりかかったが、そんなあたりで仁左衛
門の松王丸が登場。実子である小太郎の首を菅秀才の身代わりとして
差し出す父親の深い悲しみを巧みな語り口で客席を引き込んでいく。

そんな舞台の頂点が“いろは送り”だったのではと思う。追善公演だ
からというわけではないが、焼香する役者達の脳裏に十七世、十八世
をはじめとした数多の役者の姿が浮かんでは消えていたことだろう。

藤十郎の静御前、梅玉の忠信による『道行初音旅』は途中で藤十郎に
台詞忘れがあり、後見がプロンプターとして台詞を渡して事なきを得
たが、山城屋も83歳……心配なところである。

最後の三本目『鰯賣戀曳網』は、勘九郎の猿源氏と七之助の傾城蛍火
の息もよし、脇を固める役者とのアンサンブルも良好で、後味もよく
すっきりと楽しい舞台に仕上がっていた。勘九郎は父親とは違う喜劇
表現ができるような気がする。

今回、勘九郎の舞台2本を観て、祖父から父へ、父から息子へと連な
る伝統芸能の確かな継承が成就しつつあるのだということを目にして
幸せな気分で家路に就いたのだった。

《歌舞伎のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック