気話§楓蔦黄~七十二候~霜降

霜降の末候“楓蔦黄(もみじつたきばむ)”である。

画像

順調に寒さがつのって11月を迎えることになったが、上を見ていただ
きたい。昨年10月一か月の東京は大手町の天気の様子で、しみじみと
それを眺めていたら、雨マークが多いことに気がついた。

何と18日も雨のマークがついていて、梅雨も顔負けなくらいである。
連続して4日5日と降ることも珍しくなかったが、一年経ったら、そ
んなことなどすっかり忘れてしまっているのは……人間だから……。

そんな今年の10月も雨マークが12日ついているから、まあだいたいは
そんな感じで雨が降るのが日本という地域なのであろう。

我が家の周囲の落葉樹の類もすっかり色づきが完了して、派手な中に
も一抹の寂寥感がという秋模様なのだ。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック