茫話§ブラームスは冬に~交響曲第2番~

このエントリーを書きながら聴いているのがブラームスの交響曲第2
番である。演奏はクルト・ザンデルリンク指揮のシュターツカペレ・
ドレスデン。

どっしりと腰の据わった演奏ながら躍動感も十分にあり、指揮者の意
図とオーケストラの意図が同じところにあって、気持ちよく音楽が推
進していくのだ。

シュターツカペレの艶々した弦の音色は、華やかさから憂いに満ちた
音色まで、数多の引き出しから取り出しては自在な表現で我々の耳を
愉しませてくれる。オーケストラの共通認識が確立されているからこ
その音楽体験なのである。

ブラームスは、秋から冬に向かって聴くのが合っているような気がし
ないでもなくて、だからこの時期になると聴きたくなるのは自然なの
だ。2番あたりは、もう少し秋の初めから半ばごろあたりにかけての
音楽で、本格的な冬は4番をというのが、月並みであるにしても耳に
入ってきてくれるのだ。

第一交響曲の終楽章は秋の残照を感じさせるところがあるし、3番の
緩徐楽章もまた冬そのものである。

ブラームスの音楽にそんなイメージを抱くのは、彼が北ドイツのハン
ブルク生まれであるということと関係があるのだろうか。そういえば
ある人が、ブラームスの季節の後にはシベリウスがやって来る……と
言ってたのだけれど、シベリウスはフィンランド出身なのだ。

《オーケストラのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック