悼話§遠山一行さん(音楽評論家)

遠山一行について記憶に残っている、一番印象的なエピソードだけを
書き記しておく。

かつて、NHK-FMで月に一度『音楽時評』というタイトルだったかで、
月々の演奏会評を鼎談で行われていた。

その番組で、1981年に初来日したミラノ・スカラ座来日公演が取り上
げられた時、遠山一行が「これほどのものを見せられるのは、先々困
ったことになるような気がする……」というニュアンスの発言をした
のだ。

その時、ゼッフィレッリが演出した『オテロ』や『ラ・ボエーム』の
見事な舞台に対して“豪華に過ぎて”のように受け取られてもおかし
くないように聞き取れたのだ。

それに対して吉田秀和がすかさず「そんなこと言っても、あなた……
現にこういう舞台が上演されてるんだから」と困ったような声音で反
論していたのだった。

30年以上の、ラジオで一度だけ聞いたやり取りだったから、正しいニ
ュアンスを伝えることはできないが、1980年のウィーン国立歌劇場が
取り上げられた時評の時にも、何やら天邪鬼な発言をしていたと記憶
していて、結局この人は何が言いたかったのだろうと、朧げな記憶が
甦ったのである。

《追悼のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック