炎話§冬の散歩道~A Hazy Shade of Winter~

サイモンとガーファンクルの佳曲に『冬の散歩道』というのがある。
原題は“A Hazy Shade of Winter”――冬のかげろう――なのだ。

画像

日曜日、外出したついでに我が家の周囲の冬の様子を写真に収めてみ
た。少し路面が濡れていて、曇り空という条件での写真は、冬のかげ
ろうというタイトルとは違っているが、いずれにしても冬の散歩道で
あることは間違いのないところ。

画像

というわけで、11月が終わる刹那の風景はこんなものだった。辛夷の
並木道でも、すっかり葉が落ちて枝だけの写真も撮ってみた。曇った
空と葉のない枝の寒々しさは感じることができるだろう。

画像

そんなこんなで12月に入ってしまった。そんな12月の驚きの一つは、
東京は大手町にあったアメダスポイントが2日10時から北の丸公園内
の観測ポイントに移り、以降はそこでのデータが東京の気象記録とし
て発表されるのである。

↓9時過ぎに大手町から北の丸公園に移るところでグラフが途切れる
画像

というわけで、上は移行直後の12月2日のアメダス東京の記録。既に
“千代田区北の丸公園(標高25.0m)”という表示に変わっていた。

それで巨大ビル群に囲まれた大手町よりも、少しばかし標高が高くて
緑も豊かという環境にあって少しばかし気温は低めになるという……
おそらくは、コンクリートジャングルの中で測定したデータよりも、
せめては少しでも環境良好なポイントで測定しようという考えなのか
どうか、そのあたりのところはよくわからない。

《天気のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック