ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 化話§雪下出麦〜七十二候〜冬至

<<   作成日時 : 2015/01/01 00:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

冬至の末候“雪下出麦(ゆきわたりてむぎいずる)”である。

1月中旬の前半まで日の出時刻は遅くなっていくが、その後は夏至の
頃に向かって少しずつ早くなっていく。

画像

上の表は、1月一か月間の東京における日の出&日没時刻である。年
が明けたことと合わせて、足取りこそゆっくりだが、春に向かっての
歩みが始まっているのだ。

北日本や日本海側各地では、昨年12月のうちにかなりの積雪を記録し
ていて、一層厳しい冬の生活を強いられていることと慮っているが、
この先まだまだ降雪の上積みは間違いないところだろう。どうか大き
な被害もなく雪どけの季節を迎えてほしいと願っている。

使い古された言葉だが“冬来たりなば春遠からじ”と唱えながら春の
到来を待つことにしよう。

《七十二候のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
化話§雪下出麦〜七十二候〜冬至 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる