化話§鶏始乳~七十二候~大寒

大寒の末候“鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)”である。

大寒も終わり5日となった。次に控えているのは“名のみの春”とい
うことだけれども、予報によれば“今日は雪”という御託宣なのだ。

およそ例年のことだけれども、東京近辺で雪が降るのは2月に集中す
ると相場が決まっていて、去年2週連続して降った大雪も、立春を過
ぎてのことだった。

なので、今年も去年のような“東京の豪雪”が出現するかどうか……
去年の場合、たまたま金曜と土曜という週末の降雪だったので、会社
に行かねばという必要もなかったので問題はなかったが、今年もうま
いこと週末になどとは考えないほうがいいだろう。

自宅にいる時、にっちもさっちもいかない状況であるならばいいのだ
が、出社後にひとしきり降り積もって、帰宅がおぼつかなくなったら
会社泊も覚悟しなくてはならないだろう……いずれにしても、電車が
止まってしまえば、にっちもさっちもいかないのである。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック