軌話§京王線あれこれ[37]調布少々逍遥

[承前]

先週の土曜日。ちょっとした買い物を検討するために京王線で調布へ
行ってきた。我が家の最寄り駅から特急で10分ほどである。

調布駅周辺の京王線が地下化されたのは2012年の夏。3年近く経った
調布駅の地上はというと、撤去された線路のあたりの整備が少しずつ
進みつつあるが、体裁が整うのは、もう少し先のことになりそうだ。

……という様子を眺めつつ駅前のショッピングセンターに向かった。
この日の検討課題は、新しいベッドの選定ということである。今使っ
ているベッドは1999年に購入したもので、16年近くが経過している。
その前のベッドも17年ほど使用したところで、ヘタりを感じて買い替
えを決断した。

今回も“そろそろかな”というタイミングで、ようやく重い腰を上げ
たのである……馬には乗ってみよ、ベッドは寝てみよということで、
めあてのベッドに寝てみたら、少し沈む感じがしたので、1ランク安
いベッドを試したみたら、やや硬めでしっくりきそうと意見が一致、
購入を決めたのだ。

大型の家具調度を買い換えするのは久々のことだったので、何となく
面倒だなと思っていたが、あっさり決まったのはありがたい。クレジ
ットカードで支払いを済ませて外に出た。

時間があったのでまだ明るい調布北口から布多天神社まで散歩。駅前
からは、甲州街道を渡って10分足らずの創建2000年近い神社らしい。

画像

お詣りを済ませて戻りがてら“梅一輪”を見つけたので、写真に収め
てみた。ようやくほころんだということろである。

画像

                            [続く]

《京王線のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック