悼話§ヴァイツゼッカーさん(元大統領)

ドイツの元大統領だったリヒャルト・フォン・ヴァイツゼッカーが、
1月31日に94歳で亡くなった。

彼が日本で広く知られるようになったのは、1985年5月の連邦議会で
『荒れ野の40年』と題された演説中で語られた中の一節で、曰く……

過去に眼を閉ざす者は
未来に対してもやはり盲目となる


……なのである。

我々は、いつの、どのような世にあっても、彼のこの言葉を忘れるこ
となく、常に反芻しつつ前進していかなくてはならない。

今の日本にあって、政治に携わったり志そうと考えている人の中に、
この言葉の意味するところを正しく捉えて、肝に銘じている人たちが
どれほどいるかと思うのである。

合掌

《追悼のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック