雅話§百人一首考[11]~わたのはら~

[承前]

参議篁(さんぎたかむら)

わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと
人には告げよ 海人の釣舟


なんとも豪快な一首であると長いこと思っていたのだが、参議篁と呼
ばれている小野篁(おののたかむら)は、遣唐使で渡航に失敗すること
2度、3度目の渡航の時は、遣唐大使とトラブルを起こして、渡航を
拒否したことで、篁は隠岐の島流罪となってしまった。

要するに相当な硬派だったようで、頑として自説を曲げない態度は、
平安の時代にあってもなかなかにユニークな存在だったと思われる。

というわけで百人一首に収められた歌も、そんな彼らしい……「俺は
舟で出て行っちまうぜ。だから釣師さん、人に尋ねられたら“ああ、
篁さんは、ずいぶんと粋がって舟を漕いで行かれたようです”とか、
適当に言ってやってくれればいいよ」てな感じで颯爽と海に出て行っ
たということだろう。彼の意気軒昂さが歌に表れているではないか。

そんなこんなの逸話の多かった人物ということだからだろうか、日本
各地には、小野神社が数多く建てられている。我が家周辺にもいくつ
かあるが、その中のこれは、篁より7代後の子孫である小野孝泰が、
武蔵国司として赴任した機会に篁を祀るために創建したものである。
                            [続く]

《百人一首のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック