週話§日曜草々~三月大歌舞伎は菅原~

梅の時季に合わせてか、三月の歌舞伎座は『菅原伝授手習鑑』の通し
が出るので、当然のことながら昼夜と歌舞伎座通いをするのである。

画像

今月で観るべきものは、仁左衛門が演じる菅丞相で、昼の部の2演目
『筆法伝授』と『道明寺』だが、そのうち筆法は2度目、道明寺は3
度目となるも、まだまだ舞台が見えてきたという感じがしていない。

今の歌舞伎界にあって、菅丞相を演じられる役者は仁左衛門をもって
他の存在は考えられず、充実した舞台が期待できそうである。

昼の部から夜の部へ移ると、打って変わって若手花形役者をメインに
据えた『車引』『賀の祝』『寺子屋』の3本で、この先30年を占うと
言ってもいいような……いや、あれこれ考えていてもしかたがない。

一番に大変なのは舞台を務め続けていかなくてはならない役者たちで
あるのだから。

《歌舞伎のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック