化話§菜虫化蝶~七十二候~啓蟄

啓蟄の末候“菜虫化蝶(なむしちょうとなる)”である。

さて啓蟄が終わる……気がついたら、太陽の光がずいぶんと高いとこ
ろから射してくるようになっていた。この時期、日の出は既に6時よ
り早く、日の入も17時半を過ぎていて、昼夜の時間が12時間ずつにな
るのは、すぐそこまで来ているのだ。

ゆえに今週末は春分である。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック