梅話§三月大歌舞伎~仁左衛門の菅丞相~

日曜日に昼の部を観た。どうしても観ておきたかった通し狂言だった
が、このスケジュールでしか歌舞伎座に行けず、昼の部の席は3階の
最後列。新しくなった3階席からも、花道の七三が見下ろせるのだ。

画像

昼の部『菅原伝授手習鑑』は『賀茂堤』『筆法伝授』『道明寺』三本
で前半戦となる。

『賀茂堤』は菊之助の桜丸、梅枝の八重以下、若手による30分の舞台
で、年齢そのものの配役ではあるが、だからといっておもしろいかと
言えば何とも物足りない……この序幕は常にこんな感じなのだろう。
ということは、この幕で充実した舞台は望めないということなのか。

『筆法伝授』を観るのは2度目のことで、ようやく見えてきたという
ところだろうか。仁左衛門の菅丞相は端正かつ静謐な佇まいがすばら
しい。染五郎の源蔵が殊勝に務めていたが、彼のしどころといえば、
平伏が目立つ役柄なのだけれど。源蔵に絡む橘太郎の左中弁希世は、
相変わらず抜群の身体バランスでコミカルな敵役を務めていた。

観るのは3度目の『道明寺』は長い。もう少し刈り込んでいいと思わ
れる場面もあるし、仁左衛門の菅丞相と、彼と入れ替わる木像の動き
が何ともゆっくりであると感じられ、もちろん仁左衛門のきっちりと
抑制された菅丞相は“こうありたい”という彼の思い入れがそのまま
実現した舞台だったとは思うのである。

さて、今週土曜日は夜の部で後半を観ることになるのだが。

《歌舞伎のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック