認話§筆記具・・・太いとか細いとか

字を書くのが下手だ。パソコンで文字を打つようになってこのかた、
下手さに磨きがかかり、同居人からは相変わらず“何が書いてあるの
か読めない”というイエローカードが頻繁に出されるのだ。

“弘法筆を選ばず”という言葉は、そういう域の人にある言葉で、自
分のように下手も極まった人間には、鉛筆やボールペンの太い細いが
筆致にも大きく影響してくるのは間違いのないところである。

大雑把にではあるが、細過ぎても太過ぎても、まともな字は書けず、
かなり選択肢が狭まってしまう……特に、表面がツルツルした素材の
筆記具はだめだめで、さらに太かったりでもしたらアウト!なのだ。

もう一つ、硬めでないとまともに書くことができない……当然ながら
毛筆は見るも無残だし、太いマジックやらフェルトペンのような筆先
でもだめである。

鉛筆はHBがぎりぎりで、Bはとんでもない。会社に入って使い続け
ているのは、もっぱら2Hの鉛筆なのだ。

こんな話を書きながら思い出したのは、30年以上前に挙げた結婚式の
会場打ち合わせの時に、いくつかの書類を書くことになって、ボール
ペンで書き始めたら、係の女性がおずおずと「楷書でお願いします」
と言ったことが、今でも記憶に強く残っている……その時、本人は、
十分に楷書のつもりで書いていたのだが。

《私事のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック