化話§雷乃発声~七十二候~春分

春分の末候“雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)”である。

3月が終わる……かなり暖かくなってきた東京は、ここ数日間という
ものの最高気温が20度前後をキープした結果、多摩丘陵の我が家周辺
でも土曜日には桜の花が目に立つようになってきていた。

日曜日に最寄り駅まで歩いていったら、桜並木の坂道が三分咲より、
もう少し開いているように見えたので、今週末が見ごろとなりそうな
予感である。下の写真は2013年ほぼ同時期で、もう少し咲いている。

画像

いわゆる桜の名所に繰り出さなくても、地元で十分に堪能できるので
はあるが、毎年このタイミングで東京・春・音楽祭のワーグナー・シリ
ーズのために東京文化会館に行かねばならず、そうすると上野公園へ
の人出にぶつかって、上野駅の改札口を出るまでが一苦労という……
これもまた風物詩というところ。

この先、ずうっと20度台をキープするのかといえば、週の後半はやや
気温が低めとなり、週明けも気温が低めの日もあるので、着ていく服
の選択に苦労しそうな予感である。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック