街話§神保巷塵[21]洋菓子の柏水堂閉店

[承前]

花曇りの4月1日、昼飯を食べようと神保町は靖国通りを歩いていた
ら、柏水堂のシャッターが閉じられていて、写真のような閉店の挨拶
が貼られていた。

画像

画像

1929年に開店したというから創業86年の老舗である。神保町にあって
は、ランチョンのように創業百年を超えた店に始まって、老舗と呼ば
れる店がいまだに商いを続けている。柏水堂もその中の一軒であった
のだが、先月末で閉店となってしまった。

柏水堂のケーキといえば“昔ながら”という枕詞が付くように、かつ
てそうであった洋菓子そのままで、今時のパティシエが工夫に工夫を
重ねてクリエイティブな仕事を展開しているのに比べれば、何がなし
物足りなさを感じるような……逆にいえば、誰もが安心できるケーキ
を作って商ってきたのである。

柏水堂が閉店した後に、どうなるのか……つまらない店にならなけれ
ばいいのだが、今の御時勢、50年も百年も続くような店など、考えら
れないということなのだろうな。

追記:4月1日のことだったので“ひょっとしたら”と思って、昨日
の昼も前を通ってみたが閉店なのだった。

                            [続く]

《神保町のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック