ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 関話§平成中村座 陽春大歌舞伎昼の部

<<   作成日時 : 2015/05/08 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

浅草まで平成中村座を観に行って、既に一週間以上が経過した。どれ
ほど覚えているものか、手早く感想をまとめておきたい。

画像

昼の部の演目は『双蝶々曲輪日記』角力場から『勧進帳』『新皿屋舗
月雨暈』魚屋宗五郎の三本立て。

一本目『角力場』は、がっしりした体躯の彌十郎が濡髪長五郎を貫禄
たっぷりに務めた。一方、山崎屋与五郎と放駒長吉の二役は獅童だっ
たが、与五郎ははんなりと上方風味だったものの、相撲取りとしては
物足りないものがあった。

楽しみにしていたのが『勧進帳』で、橋之助の弁慶、勘九郎の富樫、
そして七之助の義経という顔ぶれ。久々に手垢のついていない『勧進
帳』を観たのである。

勘九郎の富樫は冒頭、やや重めでテンポ遅めの台詞回しに始まった。
少しばかり古風かななどと考えているうち、弁慶とのやり取りあたり
では、そのあたりがきっちりとはまったように感じた。よくよく考え
抜かれての富樫という印象だった。

橋之助の弁慶は骨太のというより、勘九郎と同様に手堅いアンサンブ
ルに務めたと感じた。七之助の義経も同様である。それと比べて、亀
蔵の常陸坊海尊はともかく、四天王の残る亀井、片岡、駿河を務めた
国生、宗生、鶴松という二十歳前の三人は、いかにも力不足の体……
少ない台詞に重みが感じられないのはしかたがないことか。

いずれにしても『勧進帳』は若手に演じさせて、舞台経験をどんどん
積ませなくてはと痛感したのだ。

最後の『魚屋宗五郎』も、勘九郎の硬質なキャラクターが、新しい宗
五郎を形作っていたように感じた。贔屓目に見ているが、やはり若手
の中でも“自分”を出している役者だと思うのだけれど。

《歌舞伎のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
関話§平成中村座 陽春大歌舞伎昼の部 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる