告話§ビッグイシュー262号発売中!

ビッグイシュー262号は5月1日から発売されています。お買い求
めできる場所はこちらを参照。毎月1日、15日発売。一部350円。
180円が販売者の収入になります。安藤サクラが表紙!

画像

【内容の一部】

表紙&スペシャルインタビュー 安藤サクラ

リレーインタビュー 木下ほうか(元女子プロレスラー)

特集 みちくさ

風光る5月、小さなものたちの秘密や物語を見つけに“みちくさ”しませんか。

身近な街中、野原や森でひそかに、精いっぱい生きている小さなものたち。「雑草」、「小鳥」、そして自然の営みから生まれる「自然の音」は“みちくさ”の3つの大きな道連れ、そして友です。

自称「みちくさ研究家」でもある、雑草“学者”の稲垣栄洋さんの話を聞けば、雑草一つひとつの秘密や物語が手に入ります。

「ただの鳥好き」を自称する中村文さんは、命をむきだしに生きる小鳥たちの知性や魅力を発見する“寄り道”をすすめます。

石水史昭さんは、自然の音の収集家。50年間、カエルやスズムシなどの「生物の音」、風や樹液などの「自然音」、鐘や花火など「町の音」を集めてきました。

3人のガイドは、見慣れた"みちくさ"の景色を発見と驚きの世界に変えてくれます。


ストリート・エコノミックス
            人を語らない経済論争に正解なし 浜矩子

ノーンギシュの日々 謎のザリガニとメダカ 滝田明日香

米国、受刑者と家族を搾取する刑務所ビジネス

自閉症の僕が「生きていく風景」対話編[50]
               疎外感がなくなったのは 東田直樹

ともに生きよう!東日本 被災地から[93]
        避難から戻った家族のため交流スペースがオープン

原発ウォッチ!
       危険性、経済性を無視した六ヶ所再処理工場 伴英幸

世界の当事者になる 戦場のガールズ・ライフ 雨宮処凛

毎日が音楽 ラウドロックバンドから目が離せない! 浅井博章

テレビうらおもて
      報道ステーション、ただならぬ緊張感と迫真性 伊藤悟

ひぐらし本暮らし なぎら健壱『日本フォーク私的大全』

COOKING アスパラガスのヨーグルト・キッシュ 枝元なほみ
                           [その他]

ビッグイシュー基金

《ビッグイシューのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック