ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 操話§五月文楽公演〜二代目吉田玉男〜

<<   作成日時 : 2015/05/14 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

というわけで国立劇場の小劇場で行われている五月文楽公演にして、
吉田玉女改め二代目吉田玉男襲名披露公演2日目に行ってきた。

画像

客席に入る手前には、写真のような御祝儀の設えがあって、雰囲気は
襲名である。

画像

演目は、15分ほどの『五條橋』に始まる……“京の五條の橋の上”で
おなじみの牛若丸と弁慶の出会いを描いた他愛のない開口一番。

次に『新版歌祭文』から“野崎村の段”である。この日は野崎村も、
襲名狂言の熊谷陣屋も、既に何度か歌舞伎で観ているので、そのあた
りを比較しつつ観ようと思ったのだ。

特に、野崎村では義太夫三味線の人間国宝二人、鶴澤清治が前を、鶴
澤寛治が奥を務めるという贅沢さ……惜しいかな、二人の芸を味わえ
るほど鑑賞経験を積んでいるわけではないが、清治の締まった音色と
寛治の穏やかに枯れた三味線に、しみじみと耳を傾けた。

折り目正しい襲名披露口上の後が『一谷嫰軍記』で“熊谷桜の段”と
“熊谷陣屋の段”である。熊谷次郎直実はもちろん、玉女改め玉男。
そして藤の局を勘十郎、相模を和生という“同期”二人が付き合って
という舞台。

長丁場の狂言ではあるが、しっかり堪能した。人形遣いの気合いが、
17列目というほぼ最後列まで伝わってくるような、そんな気がした。
ここにきて、ようやく少しだけ文楽の人形の表現を感じられるように
なったようだ。

熊谷陣屋における、歌舞伎と文楽の大きな違いはといえば、歌舞伎で
は幕切れの時に石屋弥陀六が杖代わりに持つ、弁慶が書いた“一枝一
指”の高札を、直実が持ったまま幕というもので、これは少しばかり
戸惑うことになったが、いい舞台を楽しむことができたのは何より。

気持ちのいい日曜日昼下がりの終演後は、皇居の周りを三分の一ほど
歩いて、日比谷から銀座へと歩いてみたのである。

《文楽のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
操話§五月文楽公演〜二代目吉田玉男〜 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる