愉話§呑藝春秋[35]ソース焼きそば

[承前]

以前、ワタシの酒肴で書いたテーマだが、久々におもしろいネタを仕
入れたのでソース焼きそば再考してみたい。

神保町の“とある居酒屋”では18時半から1時間ごとにソース焼きそ
ばを炒めるのだ。そのタイミングでないと焼きそばを注文することが
できないというもの。

画像

というわけでソース焼きそばに眼がない身としては、18時に入店し、
ビールを呑み呑みハムカツ(爆)などをつまみながら時を待ったのだ。

画像

……そんな頃合いで店員が注文を取りに来たので一も二もなく注文。
こんな感じで作り始めたが、なかなかに分厚そうな鉄板を見て、炒め
上がりに大きな期待を抱いたのである。

焼きそばが供されるあたりで日本酒を二合注文 ←ココタイセツ! 眼の前の
やや太めの麵に濃色ソースで炒められた焼きそばの具は、キャベツと
豚コマ、そこに鰹節がかかってサイドに紅生姜がという正統派がうれ
しい。

そんなB級グルメなソース焼きそばであるにもかかわらず、滅茶苦茶
日本酒に合ってしまうというのは何とも不思議な話だ、お立ち会い!

しかも、ビール大瓶、日本酒二合、ハムカツと焼きそばを堪能して、
お勘定は3000円でお釣りがきてしまうというのも、財布に優しいでは
ありませんか。
                            [続く]

《居酒屋のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック