顧話§今日の歴史~天一坊改行が処刑~

1729年5月18日は日本において享保14年4月21日である。この日……

将軍徳川吉宗の子と偽り
勘定奉行・稲生正武に見破られた天一坊改行が処刑される。


……いわゆる“天一坊事件”である。五月大歌舞伎團菊祭で『天一坊
大岡政談』を観たジャストタイミングなので取り上げることにした。

天一坊ばかりでなく、そして洋の東西を問わず“ご落胤”にまつわる
騒動は枚挙に暇がないわけで、それに加えて上様にしてみれば、身に
覚えがないわけでもないという行状もあったりして、事はなかなかに
ややこしかったりするようだ。

今の御世であったら、DNA鑑定一発でご落胤かそうでないかが判明
しちゃうから、週刊誌沙汰のスキャンダルネタ程度で、歴史上にあっ
た騒動というほどの騒動までには至らずだったりするのだろう。

もちろん、現代におけるご落胤騒動の当事者にしてみても、一大騒動
ではあるのは間違いのないことなのだけれど。

《歴史のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック