顧話§今日の歴史~日本海中部地震~

日本海中部地震発生。

1983年5月26日に秋田県北部沖合いで発生した日本海中部地震は、死
者104名を数えたが、そのうち100名が津波によるものである。日本列
島においては地震があまりにも頻発するものだから、大きな被害をも
たらした地震すら、すべてを記憶することは難しいと思ってしまう。

マグニチュード7クラスだったら年に数度発生しているし、8レベル
の地震だって、数年の間隔で発生しているのだ。にもかかわらず……

天災は忘れた頃にやってくる

……と寺田寅彦が言うように、日本のような地震国に住んでいる日本
人であっても、過去に自分が体験した地震のすべてを記憶に刻み続け
ておくことは、なかなか難しいと思わざるを得ない。

そうであるとするならば、我々が心がけるべきことは一つだけで……

地震はいつでも起きるのだ

……ということを心に刻みつけておくことでしかないだろう。記憶し
ておくことと備えること、その二本柱で日々過ごしていくのである。

追記:これを書いている最中の14時28分頃に、埼玉北部を震源とした
マグニチュード5ちょっとの地震が発生した。東京の震度は4……最
初に下から突き上げた後、横揺れがひとしきり続いた。


《歴史のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック