顧話§今日の歴史~京王プラザ開業~

新宿副都心初の高層ビルとして、京王プラザホテルが開業。

日本初の超高層ビルのホテルが開業した1971年は、高校2年だった。
その頃は既に東京の大学を受験するつもりだったから、東京にまつわ
る情報には注意を払っていた。

というわけで、1968年に完成した霞ヶ関ビル、1970年の世界貿易セン
タービルに続いて、日本で3番目となる100m超の高層ビルのホテルと
して、1971年6月5日開業したのである。しかも最初2つの高層ビル
が商業施設だったのに対して、ホテルという不特定多数のゲストが集
まるビルというのが新しい試みだと感じたのだ。

初めて実際に京王プラザを見上げたのは1972年の夏、その時点で日本
一の高層ビルだったわけで、北関東の田舎町から出てきた若者には、
何ともまぶしい建物だったのである。

その後、西新宿の界隈には高層ビルが建ち並び始めて、大学に入った
1974年にはホテル向かいに、新宿住友ビル、新宿三井ビルと相次いで
完成し、日本一の高さを譲ることになってしまった。

1978年に就職してからは、場所柄がよかったこともあって、しばしば
バーを利用していた。メインバーではなく、カジュアルなバーのほう
だったが、カウンターに座っていくつかのカクテルとウィスキーなど
を楽しんだのも懐かしい思い出である。

そんな頃からは、内部の様相もずいぶんと変わってしまい、利用する
ことがあるとすれば、住友ビルや三井ビルを見上げるカフェくらいに
なってしまった。

《歴史のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック