悼話§上田昭夫さん(ラガーマン)

かつて慶應義塾大学ラグビー部の監督として日本選手権優勝に導いた
上田昭夫が、アミロイドーシスという初めて病名を聞いた特定疾患に
罹患、回復しないままに逝去した。享年六十二

小柄なラガーマンは負けず嫌いでなければというイメージそのままに
現役時代も、監督としてもチームを鼓舞してプレイするという姿勢を
貫いたのである。

監督時代やラグビー中継の解説者として活躍していた頃、我々夫婦が
彼につけたニックネームは『じゃりン子チエ』に準主役として登場す
る“マサル”だった……二人の性格はまったく違うのだけれど。

画像

小柄な坊ちゃん刈りでラガーシャツのようなものを着ている様子が、
どことなく似たような雰囲気を感じさせたのだ。しかも左上のマサル
が着ているのは、は慶應ラグビー部のタイガージャージのようにも見
えるのだ。そういうわけで、テレビ番組で彼を見かけると、反射的に
マサルを思い出してしまうのである。

合掌

《追悼のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック