悠話§定年直前旅[12]ドレスデン到着

[承前]

15時頃ミュンヘンを離陸した飛行機が、2年ぶりのドレスデンに着陸
したのは16時前。タクシーで20分ほど走り、相変わらずな新市街のホ
テルへ。今回は早めの予約だったので、100オイロ足らずとお得な
宿泊料金がうれしい。

ドレスデンには3泊滞在するが、この日は何の予定もない。荷解きを
済ませたところで早めの夕食に出た。ホテルから歩いて1分足らず、
3回か4回食べたことのあるイタリア料理屋で、トマトとモッツァレ
ラをつまみつまみ、ドレスデンのビールを呑む。同居人は具だくさん
のミネストローネ。

それで少し落ち着いて胃が動き出したのか、締めにトマト味のパスタ
を一人前注文して仲良くシェアしてけっこう満足の体である。

画像

落ち着いたところで腹ごなしの散歩へ。10分ほど歩きアウグスト橋を
渡れば、そこはもう旧市街。ちょうど10年前に再建なったフラウエン
教会の外壁がしっとりしてきていて、色が少しばかり馴染んだように
感じた。



アウグスト橋を渡ってきた市電が、宮廷教会とゼンパーオパーの間を
くねくねしながら走っていく姿が何とも美しく、そんなドレスデンの
街が暮れなずむ様子もまたしっとりとした古都の姿なのである。
                            [続く]

《ドイツのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック