悠話§定年直前旅[22]熱帯ミュンヘン

[承前]

帰国前日の7月8日になって気温は下がったものの、ミュンヘンに戻
ってきた7月1日からの一週間は熱帯のごとき南ドイツなのだった。

画像

上は7月4日の気温概況だが、日本も顔負けである。というか、同じ
時期の日本はここまで暑くなかったという証拠に、東京7月上旬の気
温を見ていただきたい。

画像

というわけでドイツのニュースも、日本のテレビ局のありがちな映像
と間違えそうな、いかにも“夏らしい映像”を流していたのである。

画像

ミュンヘン2日目は、まずコンサートのチケットの引き取りから始ま
った。ホテルからイザール川を渡った先にあるガスタイクと呼ばれる
コンサートホールなどが入った複合施設のチケットセンターに行き、
ミュンヘン・フィル、バイエルン放送響の定期演奏会などのチケット
をピックアップした。

日本から問い合わせた時、バイエルン放送響のチケットは中央駅近く
にあるバイエルン放送局内のチケットセンターでないと発券できない
と言われたが、だめもとで聞いたところ“できるよ~”ということだ
ったので、遠征する手間が省けたのはありがたい。

無事にミュンヘン滞在中のチケット全部を引き取ることができた。こ
の日は、20時に開演するバイエルン放送響定期演奏会まで予定なし。

外は暑いので、ガスタイクのカフェで冷たいものなどを飲んでホテル
に戻った。午後は、ホテル近くのコインランドリーで洗濯をしようと
出かけてみたら、何と木曜日が休み。出直す羽目になってしまった。
                            [続く]

《ミュンヘンのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック