雅話§百人一首考[58]~ありまやま~

[承前]

大弐三位(だいにのさんみ)

有馬山 猪名の笹原 風吹けば
いでそよ人を 忘れやはする


忘れた頃になのだろうか、相手の男から「忘れられたんじゃないかと
心配になって」と言ってきたのに応えて「忘れてるのは、あなたのほ
うじゃないの」と皮肉を効かせた一首である。

はてさて当時のやり取りは、どれくらいのテンポで行われていたもの
だろうか。今の時代であれば、携帯のメイルであっという間に返信が
届くわけだけれど、平安の世にあって、送った歌に対する返歌だが、
すぐに送って返していたのだろうか。

もちろん早いに越したことはないだろうし、ましてこんなすっとぼけ
た便りを送ってくる相手なんか論外かもしれない。だがそこは、恋愛
の駆け引きというやつで、たっぷりと皮肉を効かせた歌を送り返すこ
とで、相手をやり込めているのだ。

送り返された相手は……さて、さらに空っとぼけた表情で筆不精を決
め込んでしまうのかどうか。
                            [続く]

《百人一首のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック