雅話§百人一首考[59]~やすらはで~

[承前]

赤染衛門(あかぞめえもん)

やすらはで 寝なましものを さ夜更けて
かたぶくまでの 月を見しかな


待ちぼうけの一首である……来るかと思っていた通い婚の相手はやっ
て来ず、西の空に月が落ちていくところまで寝ずに待ってしまったと
いう残念な一夜なのだった。

さて、待ち人はどうしていたのだろうかと考えてみる。当然ながらに
考えることは“別の彼女”のお宅にしけこんでいたのではないかとい
うことだが、平安時代の御世に殿方は何人くらいの女性のお相手をし
ていたのだろうか。

逆に女性に対しては、何人くらいの男性が通ってきていたのだろう。
一夫多妻とも一妻多夫ともあったような複雑な男女関係の時代がどれ
くらい続いたものか、それを日常と受け留めていた人々の心の在り様
はどんなものだったのか、ちょっと不思議な感じがする。
                            [続く]

《百人一首のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック