雅話§百人一首考[60]~おおえやま~

[承前]

小式部内侍(こしきぶのないし)

大江山 いく野の道の 遠ければ
まだふみもみず 天の橋立


あまりにも有名な歌すぎて、さて何を書こうかと思ってしまうが……
母親の和泉式部が作ったんじゃないのという“代作疑惑”に対して、
小式部内侍が「違いますわよ」と、即座に否定して詠んでみせたのが
この歌なのである。

母親譲りの歌の才があるのは周知のことであるはずなのに、口さがな
い人は、いつでもどこでも存在するようだ。

そういうことは彼女も先刻承知であるだろう。だから歌を詠むことで
“さり気なく”知らしめているのである。平安の女性が、しとやかで
か弱い存在だったなどというのは、十二単なるものにだまされている
ということを思い知るべきなのである。

というわけでまあ、代作疑惑を言いたてた人――男でしょうなあ――
の、その時の顔が見てみたいところだ。
                            [続く]

《百人一首のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック