ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 雅話§百人一首考[65]〜うらみわび〜

<<   作成日時 : 2015/10/19 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

[承前]

相模(さがみ)

恨みわび ほさぬ袖だに あるものを
恋に朽ちなむ 名こそ惜しけれ


恋多き女である相模面目躍如の一首……私って、恋多き女ということ
の評判だけで死んでしまうのかしらと、来し方行く末に思いを馳せて
いるわけだが、結果としてその評判が後世に残ってしまったわけで、
千年先の未来に、こんなブログの端くれで自分のことが書かれるとは
思ってもいなかっただろう。

古(いにしえ)の人々の眼には“千年先の未来”が、どのように映って
いたのかと想像してみるが……いつだったか江戸時代の人間をタイム
マシンで現代に連れてきたとして、何に一番驚くだろうと考えたこと
があった。

自動車が道路を疾走する光景だろうか、高層ビルだろうか、立体交差
している鉄道や道路だろうか。乏しい想像力で考えたのは、せいぜい
そんなところだったが、およそ何を見ても腰を抜かしたであろうとは
想像に難くないところである。

というわけで千年の昔にインターネットがあって、ブログやSNSが
存在していたら、どのような使われ方をしただろうかと、ありもしな
い逆想像でもしてみようか。
                            [続く]

《百人一首のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
雅話§百人一首考[65]〜うらみわび〜 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる