藝話§十月大歌舞伎夜の部へ~阿古屋~

今日は十月大歌舞伎夜の部に行ってくる。出し物は、すっきり2本。
玉三郎の『阿古屋』と、二世尾上松緑追善狂言『髪結新三』で、新三
を務めるのは四代目。

画像

まじめに歌舞伎を観始めて10年ちょっとだが『阿古屋』を観るのは初
めてだったりする。筋を読むと、何ともな話だなあと思っていて、実
はあまり気が進まなかったりしている。

だが、いつまでも玉三郎が阿古屋を務めるわけでもないし、この先に
今の玉三郎のように楽器3つを奏でながら演じられる役者が現れるか
どうかということのようで、それならば観ておかねばと腰を上げた。

松緑の新三は、どれだけ“悪”を演じられるかどうかというところだ
が、それよりも周りを固める“おじさん達”が見ものでなないかと、
これは、出かける人が同じように考えていることではなかろうか……
左團次の家主長兵衛、團蔵の弥太五郎源七は順当としても、仁左衛門
の加賀屋藤兵衛は何ともぜいたくであると思っていたら、肴売新吉を
菊五郎が務めるとあってのけぞった。

菊五郎が新三を務める時は、弟子の菊十郎が威勢のいい鰹売りの声を
聞かせてくれていたのに、弟子の役を取ってしまったばかりか、若い
当代の松緑にプレッシャーをかけるんじゃないかと、心配をしている
というのは冗談で、実はおもしろがっているのだ。

主役を食ってしまうのはいけないが、こういった“ごちそう”は大歓
迎である。

《歌舞伎のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック