週話§土曜草々~秋にオルガンを聴く~

今日の午後、自宅からは少し歩いたところにあるミッション系大学の
チャペルで、オルガンのコンサートがあるというのでチケットを買っ
て行くことにしている。軽い散歩とコンサートと、一石二鳥である。

普通のクラシックの演奏会には出かけるけれど、オルガンの演奏会に
行く機会は少なく、片手で数えられるくらいしか行ったことがない。

そういえば、ドイツやオーストリアを旅行している時は、午後に教会
で20分ほどオルガンを聴かせてくれることがあって、時間がある時は
それを目当てに行ってみる。パイプオルガンは生き物と同じで、日頃
弾いて空気を入れてやることが肝腎なのである。だから、礼拝という
本番以外にも週に一度は動かすことが必要とされる。

ドレスデンの宮廷教会には、18世紀のオルガン製作者ジルバーマンが
作った立派なオルガンがあって、普通に演奏されているのだ。もちろ
ん日常的にメンテナンスは行われているからこそ、演奏できるのだ。

というわけで、日頃接することの少ないオルガンの音に親しんでこよ
うと思う。

《クラシックのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック